外壁塗装の基礎知識【外壁塗装の役割・頻度ペンキの種類・業者の事】

住宅を守ってくれる外壁塗装の本当の役割とは

外壁塗装の役割

外壁塗装というと、家の外観を良くするために行うものだと考えている人が多いです。
たしかに外観に大きな影響を与えるのも事実です。
しかし、それだけが外壁に塗装を施す目的ではありません。
できるだけ長く住めるようにすることも重要な役割の一つなのです。

 

どうして外壁の塗装が家の寿命に関係するのか疑問に感じる人もいるでしょう。
日本にはさまざまな家があります。
特に塗装をしなくても、なかなか劣化しない家も存在します。

 

たとえば外壁の状態を定期的にメンテナスしている場合や、良質な木材を使用している場合は長持ちすることが多いです。
しかし実際には、メンテナンスには費用や手間がかかりますし、良質な木材を使っている家もそれほど多くはありません。
そこで、家を長持ちさせるために重要になるのが外壁塗装なのです。

 

外壁塗装の様々な役割について

 

塗装をよくカラーリングと勘違いする人がいますが、両者には大きな違いがあります。

 

後者はその名の通り、本当に色を塗る作業のみを指します。

 

それに対して前者は、家をコーティングするような作業です。

 

つまり外壁の塗料は、あなた家を守ってくれる存在といえるでしょう。
そのため塗料や塗装技術のクオリティが、家の寿命に大きく関係するのです。

 

たとえば一般的に、家自体が持つ防水性は完璧ではありません。
木材をはじめとした建材の多くは、自然の物なので水を通しやすいからです。
しかし塗装を施すことによって、浸水を防げるようになります。

 

しっかり塗装をしておけば、叩きつけるような雨が降っても水が入り込むことはありません。
また防げるのは水だけではないです。

 

たとえば塗料には紫外線を防ぐ効果を持つものもあります。
塗装がされていない状態で紫外線を浴び続けると、外壁は劣化していく一方です。
日差しが強い環境では、数年間で老朽化してしまうことも珍しくありません。
塗装が紫外線を上手く遮断してくれると、家の寿命を延ばせます。

 

また外壁塗装には汚れを落ちやすくする役割もあります。
塗装をしてない壁に付着した汚れは、深く浸透してしまうことが珍しくありません。
その場合はいくら擦っても綺麗に取り除けません。
しかし塗装の上に付着した汚れであれば、簡単に除去することが可能です。
また汚れの付着を妨げる成分を含んでいる塗料もあるので、それを塗布すれば掃除の手間を減らすことも可能です。

 

さらに外壁塗装には熱に対する防御力も備わっています。
夏場などに高い気温に晒され続けると、建材が変色したり変形したりすることがあります。
塗料の中には簡易的な断熱材の役割を果たして、熱の伝導率を下げるものが存在します。
これにより建材の劣化を防げますし、家の中を住みやすい状態にすることも可能です。

 

外壁塗装の寿命

 

このように外壁塗装には、家を守る重要な役割があります。
しかし一度塗れば安心というわけではありません。
数年に一度は塗り直さないと、ひび割れて水や紫外線などの浸入を許すことになるでしょう。

 

雨漏りが起こるなど、生活に支障が出るケースも見受けられます。
それどころか放置し続けると、外壁にも悪影響を及ぼしかねません。
そうなると塗装だけでは済まず、外壁の修繕作業を行わなければなりません。
非常にコストがかかってしまう可能性があります。

 

そのような事態を避けるには、木造住宅の外壁塗装の大切さをしっかり認識しておくことが大切です。
ポイントは塗料の寿命を知っておくことです。
製品によって寿命が異なるので、それに応じて塗り替えなければなりません。

 

ただしカタログスペックにこだわりすぎるのも問題です。
気温や湿度といった環境によって寿命には差が生じるからです。
基本的には外壁が傷んでいると感じたら、すぐに外壁塗装を依頼した方が良いでしょう。


外壁塗装の塗り替えどのくらいの頻度で行えばいいのか

外壁塗装の塗り替え

外壁塗装は一度、塗装をすればそれで終了と言うものではありません。
その機能を維持するためには、定期的な塗り直しが求められます。
では外壁塗装はどれくらいの期間で塗り替えを行うのが望ましいのかと言うと、これは塗料によって変わってきます。

 

塗料別の外壁塗装塗り替えの目安

 

まずアクリル塗料の場合です。
この場合、耐用年数としては最も短い5〜7年と言う期間が設定されています。
アクリル塗料は塗りやすさ、価格の安さがメリットである代り、耐久性は劣るため、これくらいの年数での塗り替えが必須です。

 

次にウレタン塗料です。
アクリル塗料よりは耐久性が勝るウレタン塗料ですが、それでも耐用年数としては7〜10年程度です。
アクリル塗料よりは少し長いですが、それでも塗り替えの頻度としては高くなる傾向にあります。

 

そしてシリコン塗料です。
この塗料になると耐用年数は長くなり、だいたい12〜15年程度が目安とされています。
シリコン塗料は耐久性に優れており、また特に撥水性は強力であるため、色褪せや色落ちしにくいと言う特性があります。

 

そして最も長い耐用年数が設定されているのが、フッ素塗料です。
フッ素塗料は15年以上、持つこともあると言われており、実際には20年以上、一度も塗り直しをしていない建物もあるくらいです。

 

こうしたことを参考にして、塗り直しの必要性をその都度、判断していくのが望ましいです。

 

理想的な塗り替え期間は

 

ただし理想的な住宅の塗り替え期間としては、10年をめどにするのが良いと言われています。

 

たとえばアクリル塗料でも、汚れが気にならないと言う場合や、目に見えた劣化がない場合は、耐用年数としては5〜7年以上のそれを期待することができます。
ただし目に見える劣化がないからと言って、外壁塗装の機能が保たれているのかと言うと、それは疑わしいところです。

 

またシリコン塗料やフッ素塗料でも、10年以上もつからと言って安心してしまうのは避けるべきことです。
そのため、やはり10年をめどに点検をして、塗り直しを行うのが理想だと言えます。

 

塗り替えを行うメリット

 

住宅の塗り替えを行うメリットですが、これは先にも述べたとおり、ひとつは塗装の機能維持と言う点が挙げられます。
外壁塗装は外的要因によるダメージから建物を守るために行います。

 

ただし、そのための外壁塗装自体も外的要因のダメージにさらされ続けるため、その機能は経年と共に少しずつ衰えていきます。
それをそのまま放置しておくと、建物の耐久性や安全性、快適性が著しく損なわれる恐れもあります。
しかし定期的に塗り直しを行えば、低くなった機能をもとの状態に戻すことができます。

 

それからもうひとつのメリットとしては、塗装を行えば家の美観が保たれると言うことが挙げられます。
塗装は人目につくものであり、その状態は、たとえ住人が気にしていないとしても、目にする人の印象を大きく左右します。
塗装が剥がれていたり、色褪せが酷くなっていたり、ひび割れが発生したりすると荒んだような印象を強く与えてしまいますし、いらぬ推測を抱かれてしまう心配もあります。

 

塗装は、家が身にまとっている服のような存在だと考えるとわかりやすいかもしれません。
ですから、その服の状態が酷くなりかけた時には、新たな服に着替え、見た目を良くすることが望ましいです。

 

また塗り替えを実施することで、たとえば違う色の塗料を利用したりすれば、それだけで見た目の印象をがらりと変えることができると言うのも、塗り替えにある大きなメリットです。

 

建物が古くイメージチェンジをしたいけれど、建て直しやリフォームなどは経済的に難しいと言うことは少なくありません。
そのような時でも、塗り直しであれば比較的、安価で、それでいて大幅なイメージチェンジを実現することも可能です。
ですから外的塗装の塗り直しは、機能維持と言う目的は勿論のこと、建物の印象を変えることができるチャンスとも言えます。


家の外壁を塗装することは家のオシャレである

外壁塗装をすること

人間は洋服を着たりアクセサリーを付けたりする事によってオシャレを表現したりします。
勿論温度調節の為にも洋服は利用しますが、こうした温度の調節機能と言う点だけで言えば、デザイン性やブランド等を禁止て服を買う必要はありません。
やはり、自分を良く見せたい、オシャレにかっこよく見せたいと言う気持ちがどこかで働いている時も有ります。

 

こうした外見と言うのは、実際には人間の洋服に関してだけの事ではなく、住宅に関しても同様の事が言えます。
家と言うのは同じ間取りや外観でも、色を変えるだけでかなり見た目が変わります。

 

しかし実際に外壁塗装をするのは約10年に1回ずつとなっているので、10年間は同じ色のまま、と言う事になってしまいます。
ただ外壁自体は風雨にもさらされており、さらに市外線屋交差等の影響も有る為どうしても定期的にメンテナンスが必要で、そのつど塗装を行う事になります。
そうする事で撥水性を保ち、様々なダメージから中の物を守ってくれるのです。

 

外壁塗装の色選び

 

ただ、外壁塗装をする場合、適当に色を選んでも良いとは限りません。
勿論築年数も経過して行くと次第に家に対しての興味関心も薄れ、外観を気にしないようになってしまいます。
しかし実際にはその家の見た目というのは、そこに住んでいる人のイメージにも直結します。

 

これは着ている洋服によってもその人自身の印象が違うと言うのと同じです。
つまり、第三者から見るとその家と言うのはその人自身のイメージと言う事です。
だから、自分で感じている家に対するイメージと、第三者が見る家のイメージは違う場合も決して珍しくありません。

 

勿論、家の中というのはあまり第三者に見せる事は多くない為、家の中が散らかっていたとしてもその状況は周りの人には殆ど知られていないと言う事は多々あります。
しかし家の外観は誰でも簡単に見る事が出来、それを見て綺麗・汚いとすぐに判断されてしまう事も有るのです。

 

綺麗なら良い印象を抱いて貰い、汚ければあまり良い印象を抱いて貰えない時も有ります。
また、そもそも家というのは簡単には購入できる物ではなく、さらに綺麗な家は周りから羨ましがられ、褒められたり憧れを抱いて貰ったりする事もできます。

 

外壁塗装のカラーバリエーション

 

こうした家の見た目を左右するのが外壁塗装です。
まずは10年に1回など適切な時期に塗装のし直しをし、住まいを綺麗にする事になります。
またその時はただ単に塗料を塗り直すだけでなく、デザイン性やオシャレさ等にも目を向けて色を組みあせたりする事も可能です。

 

屋根の色と外壁の色を変えたり、1階と2階で色を変えたりする事もできます。
また現在利用されている塗料のカラーバリエーションは豊富なので、色々な色を楽しむ事ができます。

 

家というのは見慣れてしまうとその見た目になれてしまい、そこに住んでいる人自身はその見た目に対して無頓着になってしまいがちです。
ただ外壁と言うのはその家を構成するパーツの中でもかなり大きな面積を占めており、その家の印象を左右する重要なポインになります。

 

まずは住宅を綺麗に手入れする事、そして定期的に適切なメンテナンスをして劣化を出来るだけ避ける事になります。
外壁塗装はその一つの方法で、塗装し直す事で撥水性などを取り戻し、雨水等が壁の中に侵入しないで済むようにします。

 

ただ洋服も色々な色や形にチャレンジして個性を表現したりオシャレを楽しむ事が出来るのと同じで、住宅模外壁の色を変えるだけでもイメージの変更は可能です。
勿論色によって人に与える印象も違い、さらに1度塗ったら基本的にはその色で10年程度は過ごす事になります。

 

家のオシャレを楽しむ為にも、また素敵な家に見てもらう為にも、その色の特徴等も良く理解した上でどんな色の塗料を利用するか決めます。


現在の家の塗り替えに使われる塗料はペンキではない

外壁塗装の塗料

耐水性もあり、さらに広範囲の塗装をする時に利用する塗料と言えばペンキと言うイメージがります。
また抑々塗装業を営んでる人や、塗装職人の人の事はペンキ屋と呼ぶ為、外壁塗装もペンキを利用していると思われがちです。

 

ただ現在の家の塗り替えに使われる塗料はペンキではなく、現在はウレタン樹脂塗料やシリコン樹脂塗料が利用されています。
一昔前まではアクリル樹脂塗料も利用されていましたが、これは現在利用されているウレタン樹脂塗料やシリコン樹脂塗料よりも耐久性が低いと言う事で、あまり利用されないようになってきています。

 

外壁塗装にペンキが使われなくなった理由

 

昔の住宅では普通に外壁や屋根の塗装の時にペンキを利用していました。
しかしペンキ自体は現在利用されているウレタン樹脂塗料やシリコン樹種塗料に比べるとどうしても耐久性がないと言うデメリットがあります。
通常、住宅の塗り替えは10年に1回の間隔で行われていますが、ペンキの場合は10年の耐久性はありません。

 

勿論外壁や屋根の色を塗る事は出来ますが、ただ色を塗っているだけに過ぎない為、住宅は劣化し、さらには住宅自体が腐敗してしまう可能性が出てきます。
外壁塗装はただ単に日焼けして色が褪せた外壁に色を塗って綺麗な状態にするだけでなく、被膜を作り紫外線や風雨のダメージから家を再び守る事が出来るようにすると言う目的で行われいるので、耐久性のあまりないペンキをそこで利用する事は出来ません。
これが現在ペンキが使われなくなった理由です。

 

外壁塗装の手抜き工事には注意を

 

ただ、本来は耐久性のあるウレタン樹脂塗料やシリコン樹脂塗料だけを利用して外壁塗装をする事になる野ですが、中にはまだ目立たない部分や依頼主から見えない部分はペンキを利用している業者もいます。
実際に塗装した後を見ると、色を同じにする事ができればどこがペンキでどこがシリコン樹脂塗料なのかは素人目には判断する事はまずできません。

 

その為、業者の中には部分的にシリコン樹脂塗料等よりもリーズナブルなペンキを利用する事で材料費を節約し、自分たちの利益を上げようとする所も有ります。
業者としては仕上がりは綺麗で素人には分からない、さらに自社の利益はますと言う事で、全ての外壁塗装現場で行われているわけではありませんが、このような手抜き工事が行われている場合も有るのです。

 

ただ、このような手抜き工事を防ぐ事も出来ます。
手抜き工事を防ぐためには、まずは信頼できる業者に外壁塗装工事を依頼するようにします。

 

またその場合は下請け業者に工事を委託する所では無く、直接施工する業者に工事を依頼するというのもポイントです。
間に業者が入るかどうかというのは依頼主の方から行くとそれ程関係のない事に見える場合も有りますが、実際には関わる業者が多くなればなる程仲介手数料等の費用が発生し、工事費用が高額になります。
直接契約をすれば仲介手数料が不要となるので、施工業者も材料を節約する必要が無くなり、ペンキを代用しなくてもシリコン樹脂塗料等を利用しても十分利益を出す事が出来るようになります。
実際に仲介業者がいる場合、その仲介手数料は工事料金の約40%にものぼる場合も有る程です。

 

しかし住宅関連の業者と言うのはあまり利用する事が無い為、どこに依頼すれば良いか分からない事も有ります。
直接業者を見つけて依頼する方としては、電話帳やインターネット検索をして見つける方法があります。

 

そして自分の住んでいる住宅のタイプの塗り替えを行っており、信用できると思った業者に依頼します。
またその時は見積もりを出してもらい、予算の範囲内で、若しくは納得できる工事内容となっている業者を選びます。
さらに塗料自体は何を利用するかという事でも工事費用が変わってくるので、耐久性と予算等の兼ね合いで何を利用するか決めます。


業者とコミュニケーションを取ることでより良い工事ができる

業者とのコミュニケーション

外壁塗装を依頼する場合は、質問したいことや疑問に思うことがあって当然です。
業者と積極的にコミュニケーションを取ることで、希望にかなった工事を行うことができます。

 

塗装に限らず、一般の利用者が建築関係の業者とコミュニケーションを取るのは難しい場合が多くあります。
一般の利用者は建築工事のことをほとんど知らず、実際に工事をする職人は、業界内部のことしか知らないからです。
利用者が建築工事の知識を持ち、職人が一般の利用者と話をすることで、お互いの溝は埋まります。
依頼者と職人が良好な信頼関係を持つことは、工事の出来不出来に大きく影響します。

 

外壁塗装業界の最低限の知識は知っておきましょう

 

一般の利用者でも、建設業界や塗装業界に対する最低限の知識を有しておくことは必要です。
建設業界は重層的な下請け構造からなっています。
元請けの建設会社や工務店が施主から仕事を依頼され、その建設会社や工務店が中心となって、引き受けた工事を完成させていきます。
この場合、実際に工事を行うのは建設会社や工務店の社員ではありません。

 

実際に工事を行うのは、自ら業を行う職人の集団です。
職人は親方を中心として組織化されている場合もあれば、単独で独立している一人親方もあり、様々な形態をしています。
これまでは、職人は建設会社や工務店の下請けとして働くのが一般的でしたが、構造的な変化が起きてきました。

 

インターネットが塗装業界を変えた

 

建設業界の職人集団に変化が見られたのは、インターネットが普及して以降です。
それまで、下請けとして仕事をし、直接顧客と取引してこなかった職人集団も、インターネットで顧客から直接工事を受注することが増えてきました。

 

塗装業者の中にも、顧客から直接仕事を受注し、塗装を行う業者も増えています。
そのため、新たな塗装業者は、住宅メーカーの営業マンのようにそつなく顧客と応対が出来るとは限らず、顧客との間で誤解を生むトラブルも起きています。
現在の建設業界と塗装業界を取り巻く現状を踏まえた上で、より良いコミュニケーションを築く必要があります。

 

コミュニケーション不足でトラブルにならないために

 

外壁塗装を依頼した場合、始めに訪れるのは営業の担当者か、職人の責任者です。
大手の業者の営業マンほど人当たりがよく、顧客の要望を聞き取る技術にも長けています。

 

しかし、中小の塗装業者の営業担当の場合は、愛想が悪く、顧客の要望を聞くのにも慣れていません。
これは単に経験が不足しているためで、本質的な違いはありません。

 

顧客の側が慣れない営業担当に対して何も質問しなかった場合は、お互いの意志疎通が十分ではなく、誤解を生じたまま工事に入ってしまい、トラブルに発展する場合があります。
塗装業者の営業担当に対しては、積極的に質問し、疑問を解消しておくことが大切です。

 

塗装工事には専門的な部分もありますが、一般常識から判断できる部分も多く、疑問な箇所は積極的な質問により解消しておくことが大切です。
時には、お客様の質問に答えがある場合も有り、疑問点の解消が強く望まれます。

 

外壁塗装工事が始まってからの注意点

 

見積書の提出を受け、内容の確認と料金の一致が見られたら、正式に発注し、工事が始まることになります。
工事を実際に行うのは職人です。
したがって、これまでの営業担当者とは別な人間がやってくることになります。

 

ここで依頼者の多くは、実際に依頼した人とは違う人たちが来たと驚くことになります。
しかし、建設業界や塗装業界ではこれが当然のことで、驚いてはいけません。
問題は、営業担当と話した内容が、現場の職人に伝わっていないことが稀にあることです。

 

職人が来たら、営業担当と決めた事項をもう一度確認し、間違いのない工事をしてもらう必要があります。
疑問に感じた点は職人に直接言うのではなく、営業担当へ連絡する必要があります。
工事中は、職人さんに声をかけても問題なしです。
励ましや感謝の言葉をかけることで、職人の意気が上がります。


外壁塗装(塗り替え)と外壁リフォームの違いについて

外壁リフォーム

外壁や屋根は長い年月の間には汚れや変色、塗装のはがれ、表面のひび割れなど劣化して来るものです。
又、塗装は塗料によって耐用年数も違い、従ってこの年数の多いものほど価格が高くなる傾向があります。

 

よく知られているところではアクリル系の塗料があります。
耐用年数は約4年とされ単価は安いものですがこまめな手入れが必要となります。

 

ウレタン系塗料というものがあります。
耐用年数は約6年とされていて密着性に優れています。

 

シリコン系塗料は現在主流となっていて耐用年数は約13年で価格と耐久性のバランスが良いとされています。

 

フッ素系の塗料は価格は高いものですが耐久性に優れ約18年は持つとされています。
何回も塗り直すことがなく長い目で見るとかえって安上がりになるとされています。

 

その他に遮熱塗料と呼ばれる塗料も最近注目されています。
耐用年数は約18年で太陽光線の熱線を塗装面で反射して室内に持ち込まない為に夏場でも室内温度の上昇を抑え、しかも冷房負荷を減らせる為にエアコンをつけても電力節減すが可能で省エネ効果を期待できるものです。

 

塗装場所は外壁や屋根面、室内の間仕切り壁などとなっています。

 

新しい塗料に光触媒塗料というものもあります。
これは太陽光で屋根や壁面の汚れが分解され、雨が降るとそれらの分解された汚れが洗い流されてしまう為にメンテナンス要らずでいつまでも表面をきれいに保つ効果があるとされています。

 

塗装をしない外壁リフォーム

 

外壁リフォーム全てが塗替えでではなく外壁リフォームと言う場合には外壁材が劣化した際に同じ材料を使わずにサイジングを張ったりガリウム鋼板を貼ったりする場合もあります。
あるいはデザイン面でしゃれたタイルやレンガ調、又は石目調の外装材を貼り付けることもあります。

 

サイジングを使った外壁リフォーム

 

サイジングはセメント質と繊維質を主たる原料とし、板状になったものを貼り付けます。
隙間のできないように間はシーリング材を充填してそれが防水の役目を果たします。

 

これらのサイジングの耐用年数は約8年とされていて、表面が劣化して来るとヒビ割れや剥がれ、シーリングが収縮したり反りや白い粉が表面に現れるようになります。
サイジングの種類には窯業系と木質系、樹脂系、金属系のものがあり現在は窯業系のものが主流になっています。

 

木質系は傷が付きやすく汚れやすいという特徴を持っています。窯業系のものは耐久性や耐傷性、防火性や遮音性、断熱性や防水性、施工性などにおいて性能面でバランスがとれているとされています。

 

樹脂系のものは塩化ビニル製で寒冷地を中心に普及が進み耐久性や耐塩害性、耐冷害性や耐候性に優れるとされています。

 

金属系のものはスチールやアルミ、ステンレス系のものがあり予算や目的などを考慮して選択すると良いとされています。

 

外壁塗装の業者選びは慎重に

 

外壁塗装は塗装専門店となり外装工事はそれぞれ専門化されていますので、どのような業者に依頼すると良いかは検討する必要があります。
依頼する場合もほとんどの業者が悪徳業者と見做して慎重に選ぶ必要があり、複数の業者に見積をとってその内容をチェックしたり単価や工事費の内容を比較してみることが大切になって来ます。
依頼する側は素人である場合が多いものでだまされた後では遅すぎになります。

 

家を守るのはあなたしかいないわけですからサイトや書籍などである程度知識や情報を得たり専門家に問い合わせておくと良いものです。
住宅展示場などを回れば外装材も分かり、疑問な点は常駐する営業マンに質問することも出来ます。

 

そして後から追加料金を取られないように見積内容と工事の内容をチェックして慎重に対処することが大切となります。
信頼できる優良店を探すように心がけることが重要です。